So-net無料ブログ作成
検索選択

仲間由紀恵、ドラマ初の殺され役に「難しい」!?

nandenkanden50.jpg
 女優の仲間由紀恵が、テレビ朝日系で今年春放送の2夜連続ドラマスペシャル「そして誰もいなくなった」に主演することがわかったとよ。



 世界累計1億部以上とゆう売り上げば誇るイギリス人作家アガサ・クリスティの1939年に発刊された長編推理小説が、ドラマ「相棒シリーズ」の和泉聖治が監督のもと、日本で初映像化されるとよ。

 ある孤島のホテルに招待された10人の客が次々に殺されていき、最終的に10人全員が殺され、後日10体の死体が発見されてしまうとゆう連続殺人ミステリー作品。

 今作のドラマでは、江戸川乱歩賞作家の長坂秀佳が脚本ば担当、ドラマ「相棒シリーズ」の和泉聖治が監督として日本版に脚色されとるとよ。

 仲間由紀恵は、不可解な連続殺人事件に巻き込まれていく元水泳選手の白峰涼ば演じていて、「とても偉大で有名な作家の作品を日本で初めて映像化されるということで、とても楽しみに撮影に入りました。ラストまでとても緊張感のある作品だと思います。」と述べたとよ。

 えらいたくさんの主演ば含め、多数の作品に出演してきた仲間由紀恵は、テレビドラマで殺される役ば演じるのは以外にも初めてやけん。「自分たちの中にある“罪への真実”と向き合う間もなく殺されるという恐怖や、パニック状態の表現は難しいと感じています。」と撮影に真剣に臨んでいるとよ。

 日本初の映像化に挑んだこんドラマには、仲間由紀恵ばはじめ、津川雅彦、大地真央、柳葉敏郎、向井理ら豪華な俳優たちが集結したとよ。

 仲間由紀恵は「大先輩方からたくさんの助言をいただきながら、記念すべき作品を作り上げていきたいと思います。」と意気込みば語ったとよ。



nice!(219) 

nice! 219

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。